鈴のアンクレット

あらすじ

市役所勤務の傍らネットで小説を書いている悠里(ゆうり)。彼女はとある出来事がきっかけで、官能小説を書いている男・立花と出会い、自らの欲望を引きずり出されてしまう。しかし、処女であることを伝えたところ、立花はそれ以上求めず別れることに。

立花に求められたとき感じた激しく突き動かされるような衝動、それは欲望だと思ったけれど何か違う。その日以来、立花のことが気になってしまい、悠里は仕事が手につかなくなってしまう。そして、それは彼も同じだった。

《番外編》33個のキスのあと・女心とランジェリー 収録

※作中にはストーリー上で欠かせない性愛描写がございます。

キーワード

コンテンポラリー、Bijou、年齢差

電子書籍情報(Amazon)

電子書籍販売日:2019/10/01

価格 500円(KindleUnlimited対象)


DATA

2017/1/5 ムーンライトノベルズ公式ミニ企画【姫初め2017】参加作品

2018 第五回勝手にロマンス大賞 ネット小説部門ノミネート

エブリスタ小説大賞2017 ティアラ文庫&オパール文庫 オトナのラブストーリー大賞最終候補

2019/10/1 アマゾンにて電子書籍で販売

Reader Feedback

・いやぁ…年の差ジレッジレの溺愛。良いですね。大好物です(*´ω`*)

お互い素直になった瞬間の嬉しさ、達成感と言ったらもう………。

ついヨッシャくっ付いた!!!と、思わずガッツポーズ。年の差溺愛万々歳。

編集者2人組の(年上だろうが担当作家だろうが関係無く)さり気なく&容赦無くガリガリ外堀(逃げ道?)埋めてく様も素晴らしいです(笑)

堅物真面目編集者がどの様に自由奔放な彼女に入れ込んでいるのか。

この2人組の恋模様も読んでみたい願望がムクムクと鎌首を擡げてきます……ww


・設定に惹かれて読みました☆官能小説家×TL作家、歳の差、しかも大人のおじ様!面白そうだな~と期待しか無いです(笑)

それに、描写が物凄く繊細。びっくりしました!

悠里が官能小説家になった経緯や、この年齢まで未経験な訳、浩正と初めて会った時の感情、浩正の待つ温泉旅館へ行く際の迷う気持ち、新幹線に乗ってる時の心境、初めての絶頂、旅館周りの散歩中の悠里の心境、など。もーう全てが切なくて苦しくて、甘くて美しいです!

浩正の身体的な状態も辛いけど、悠里の心情が堪らないです。。。

これからどうなるのか、不安と期待が入り混じります。後、何故このタイトルなのか気になりますー(・・?)


・かっぱえびせんの様な小説です。登場キャラクターの設定がギャップだらけで惹かれました。

優しいのに、強烈に攻めてくる文章。……マジ惚れました(笑)

官能シーンが気持ちいい。エロい、より、優しく攻めてくる感じ。読み出したら止まらん。


・面白い設定だな と思い読み進めました。

男女の繊細な事情が故に少しのすれ違いにドキドキしながら。タイトルの意味も最後でわかりましたが続きが読みたい!!!

お互いの気持ちを伝え合った後の官能的な部分が読みたいです。また、番外編で編集者さんたちの事情も読んでみたいと思います。


・2人のその後…期待しまくりです(*^ω^*)

立花sideは、そこまで意外性も無く、どちらかと言うと冷静に読んでいましたが、その後の立花さんは、情熱的で直接的な感情が、心踊らされて良かったですd(^_^o)

『鈴のアンクレット』は、こういう流れで悠里へのプレゼントになったんですね☆

ホテルの一室で繰り広げられる、互いの想いを確認し合い、溢れる想い、魅惑的な香りやランジェリー、悠里の遠慮がちな姿、などが官能を高めていて、エロティックな雰囲気が漂ってます(≧∀≦)

立花さんのセリフもいいです♪

アンクレットを巻き付けた後の悠里の足への愛撫、このシーン好きです(*'-'*)

敏感な部分への愛撫とは違って、新鮮さを感じました☆

後は、悠里がとにかく可愛い!そんなに言葉は発してないんですが、表情が可愛らしいです(^_^*)

このままいい雰囲気になるかと思ったら、チョコレート風呂!?やらかしたな〜田沢(・_・;と笑ってしまいました!

それにしても、立花さんってやたら悠里の胸に食いつきますよねー(^_^;)

不貞腐れる悠里も、またカワイイ(๑˃̵ᴗ˂̵)

田沢と横沢の力添えもあって、ここまできた2人のいちゃラブ、楽しみです!

一つだけ、悠里のネット小説、立花さんとの出会いの発端なので、どこかで続きを描いて欲しいなぁと、思いました☆


・心と身体が繋がった喜びを女性の気持ちから表現されている官能の表現は思わず読み返すほどの気持ちにもさせられますよね。ウズキまでもを感じさせられる。官能に酔い浸るほどの表現。いいですねー。


・二人が幸せになってよかったです。最後あたりが物足りないので番外編や続編期待しています!


・その後の2人が気になるくらい、読んでいて涙しちゃうくらい、素敵な作品だったと思います。


・何だか刺激的な内容だったのに気がつけばほっこり( *´艸`)


・とてもよかたです。暖かい恋愛小説でした。


・最後まで胸ときめかせていただきました。素敵なお話をありがとうございました。


⇒Amazon