火龍の花嫁

あらすじ

二人が愛し合うのは運命、ただ少し遠回りをしただけ

幼い頃に炎の龍王から花嫁と定められし三娘。彼女は可憐な娘に成長したが、待てど暮らせど約束した相手は迎えに来ない。そうしている間に国王から妃に望まれて嫁ぐことに。しかし、そこから逃げ出して一人きりになったとき、結納代わりの品を投げたら突然炎に包まれて仙界へ。そこで三娘を待ち受けていたものは、予想だにしない真実だった。

番外編 二編収録

※作中にはストーリー上で欠かせない性愛描写がございます。

キーワード

ファンタジー、中華、年齢差、人外

電子書籍情報(Amazon)

電子書籍販売日:2019/11/01

価格 500円(KindleUnlimited対象)


DATA

2016/6/1 ムーンライトノベルズにて公開

2018/4/12 改稿版公開

​2019/2/21 完結

第3回ムーンドロップス恋愛小説コンテスト最終候補

2019/11/1 アマゾンにて電子書籍で販売

Reader Feedback

・中国の言い伝えを元に書かれているようなので、とても興味深いし面白いです。火龍と三娘の心の動きが繊細に書かれていて、素晴らしく全てのシーンが好きです。


・テンプレ通りのと言っては失礼ですが美しく可憐なヒロインとそれを陰から日向から守り愛する男らしいヒーロー。目に浮かぶ美しい世界。作品を読んだ女性ならこのお話を必ず好きになるはず。


・ストーリーの背景や設定がすごく好きです。火龍が三娘に一途なところも好きです。金の糸と黒い糸も好きで読んでたときに火龍の花嫁をみつけました。どちらもとてもとても気に入ってて何度も読み返しています。


・甚が妹に意地悪をしてしまう蓮と話をしながら自分も妹が生まれたときのことや子供二人の自立や成長するために色々考えてるところ 三娘と手を繋いで桃園を歩くところも好きです。 先に桃園で九千年に一度しかならない桃を見に行ったときも手を繋いでて二人の気持ちが通じた感じが良かったです(*^^*)


・完結した後 その後の甚と三娘、子供二人の話が読めてめちゃくちゃ嬉しいです。毎日いまかいまか更新をチェックしにブクマとにらめっこ中(笑)


・夢中で夜通し読破しましたw寝坊しましたが、楽しかったです^^後日談も楽しみにしています


・桃の枝を髪にさしてもらって恥ずかしがるのとか、かわゆかったです​


・毎話、楽しみにしています。心理描写が丁寧なので、二人の互いを思いやる気持ちが伝わってきます。

⇒Amazon

DULCE NOCHE

Dulce Nocheは谷崎文音のHPです